【乾皮症の原因】クリームや市販品でも治せる?

乾皮症,クリーム

 

冬になると特にひどくなりやすい乾皮症。乾皮症の原因やかゆみの抑え方、治し方について調べてみました。

乾皮症ってなに?
乾皮症は年齢に伴い身体の水分が減少し肌のバリア機能が正常に働いていない状態のこと。

 

加齢による乾皮症は老人性乾皮症と呼ばれ高齢者の約95%に乾皮症の症状がみられるそうです(田辺三菱製薬メディスキンコートfより)

 

特に乾燥する秋から冬にかけて発症するケースが多いが近年では季節の変わり目など1年を通して皮脂の乾燥・手足、背中などにカサカサや白く粉を吹いた状態、鱗のように肌がひび割れたりしてしまいます。

乾皮症のなりやすい部分は手・指・すね

乾皮症,クリーム

 

乾皮症で肌がかゆいという人のほとんどは手・指・足・すねなどが多いようです。ですが乾燥を放置してしまうと顔や頭部、二の腕など乾燥とかゆみが一斉に全身に広がってしまうしまうので早めのケアが必要です。

乾皮症は市販品のクリームでもでも治せる?

最近では乾皮症対策に市販品の治療薬やクリームなどが発売されています。

 

メディスキンコートf


「しっかり保湿、キチンと治そ」と和服姿の黒木瞳さんがCMしている田辺三菱製薬が販売している「メディスキンコートf」。乾燥肌対策の尿素・ビタミンEとかゆみ対策のグリチルリチン酸ニカリウムなど抗炎症成分も配合されていている乾燥性皮膚治療薬です。

 

ユースキン


黄色い色と独特な香りが特徴のユースキン。血行促進効果のあるビタミンEやグリチルリチン酸、ビタミンB2、ヒアルロン酸などを配合。手荒れのロングセラー商品。

 

アトピスマイル

乾皮症,クリーム

 

ライスパワーエキスNo.11配合の薬用保湿クリーム。使うごとに肌自身がバリア機能能力を高め肌を改善していってくれます。報道ステーションなどTVにも放送されアトピーを持つママにも人気のクリーム。

 

他にも口コミではオリーブオイルやベビーオイル、馬油など油分を補うスキンケアをする人も多いようですが油分だけを補っても水分を保持する力がないと意味がないのでまずは水分を補い、保持する力を改善することが必要です。

乾皮症におススメの漢方薬

乾燥肌や乾皮症には漢方薬での治療法もあります。

 

乾皮症におススメの漢方は四物湯(しもつとう)かゆみが伴うような乾燥には当帰飲子(とうきいんし)

 

などもおススメです。

 

乾皮症はバリア機能が破壊されたドライスキンが原因。肌を根本から改善し破壊されたバリア機能を治してあげることがツルツルお肌への道になります。

 

掻きむしったりするほどのひどいかゆみや化膿してしまった湿疹などなかなか治らない皮膚のトラブルは自己判断しないで皮膚科など専門医を受診しましょう。