【肌ぷるぷる?】コラーゲン化粧水は効果がないってホント?

コラーゲン,化粧水,効果

 

シワやシミ、ほうれい線などアンチエイジングはもちろん美肌成分といえば王道のコラーゲン。サプリやドリンク、化粧水など様々なコラーゲン商品が販売されています。ですがコラーゲンって本当に肌に浸透するのでしょうか?この中で特に今回はコラーゲン入り化粧水にスポットをあててみました。

 

そもそもコラーゲンとは肌に何がいいの?

そもそも肌にはコラーゲンコラーゲンとよく言われていますが何が肌によいのでしょうか?

 

コラーゲンは肌表面にはなく肌のいちばん奥”真皮”にある弾力繊維のことです。エラスチンという成分と一緒にお肌のハリや弾力を網目のように繋いで守っています。老化や紫外線などの影響でコラーゲンは減少してしまうとそのキレイだった網目が乱れ深く刻まれたシワやたるみの原因になってしまいます(´・ω・`)

コラーゲン入り化粧品の効果は?

コラーゲン,化粧水,効果

 

コラーゲン配合と謳われている化粧水などをよく見かけますが効果はあるのか気になりますよね?

 

コラーゲンは基本分子が大きいため肌の奥まで浸透することはありません。コラーゲン化粧水をつけたからと言って自分の肌のコラーゲンになってくれるわけじゃないんです。

 

仮にコラーゲンサプリやふかひれ、ゼリーなどの食べ物で摂取してもコラーゲンがそのまま体に取り込まれるわけではありません。体内で取り入れたコラーゲンは身体の中でいちどタンパク質に分解→アミノ酸に変化する摂取したぶんがそのまま自身のコラーゲンになるわけじゃないんです。

 

だからコラーゲンをとっても効果がある・ないというわけではなくいちど分解されてそこから生成されていくから効率よく吸収されるとは言いがたいものなのです。

じゃあコラーゲン入り化粧水は効果がない?

コラーゲン,化粧水,効果

 

それじゃあコラーゲン入りの化粧品は効果がないの?と思いがちですがコラーゲンを摂取してもコラーゲンとして吸収されるわけではないというだけで効果がないというわけではありません。

 

一口にコラーゲン入りの化粧水と言っても毛穴対策やシミそばかすの美白ケア、シワたるみのアンチエイジングなど狙う効果はさまざま。コラーゲンは肌の奥まで届かなくても肌表面を保湿し潤いを保つ効果があります。

 

最近ではコラーゲンの分子をより小さくした低分子コラーゲンが発表されています。コラーゲンをより小さくし低分子化したため肌への吸収力もUPしているのでコラーゲン化粧水を選ぶなら低分子コラーゲンを選ぶといいかもしれませんね。